アクセスカウンタ

いったれいったれ〜♪

プロフィール

ブログ名
いったれいったれ〜♪
ブログ紹介
Jリーグ創設年は万博通い。
翌年から2006年まで海外にいてJリーグ見れず。
2006年シーズン途中からは、またまた万博に通っております。

SB、SMでも声を出して応援しましょう!
zoom RSS

ブログ移転のお知らせ

2011/01/25 10:55
突然ですが、今シーズンよりブログを移転することになりました。
ブログにシーズンもくそもないか。そうか。
URLは下記のとおーり。
http://mackey-gamba.cocolog-nifty.com/blog/

今まで通り、まったりと更新していきますので、今後ともよろしくお願いします。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


天皇杯準決勝清水戦@エコパ【えぇぇ、いまさら?w】

2011/01/05 12:58
明けましておめでとうございます。
旧年中は、試合後2〜3日経ってしか更新しないような、やっと更新したと思ったら「ただの日記かよw」みたいなこんなブログに、自分の想定以上のアクセスをいただき、ありがとうございました。
今年も、てきとーに更新していきますので、よろしくお願い致します ( ̄人 ̄)

で、新年一発目が、いきなり、いまさらな清水戦なんですが。
てきとーすぎるだろ。
去年の話やないかい。
ということで、試合のことは書くつもりはないんですけどね。

この日は、仕事納めの日で、午後からは納会。
納会はぶっちして、ダッシュで帰宅して、テレビ観戦しました。
ちなみに相方は仕事。

これ以上ない、ってくらいの完敗 (´・ω・`)

試合が終わってすぐに某SNSを覗いて、チケット2枚を探している清水サポーターの方を見つけてコンタクトした。
16時までに連絡もらえれば、当日中に速達出します、と。
すぐにご連絡をいただきました ヽ(゜ー゜*ヽ)
折り返し、自分の本名、住所、連絡先、振込先などを返信。
これにも、すぐ、焼津市のご住所を返信いただき、住所を書いた封筒と、チケットを写真に撮って返信、そのまま郵便局に向かいました。
速達でお願いして、いつ届くか聞くと翌日午後には届くとのことで、ひと安心。
領収書を写真に撮って、明日の午後には届くそうですよー、と送信。
その足で、「新春のぞみグリーン切符」の払い戻しついでに、通勤定期も更新してしまおうとJRの駅に行った。

みどりの窓口、ばば混みw

で、おれの4〜5人前のおやじと、窓口のおねぃさんの会話。
「3日の11時◯◯分ののぞみ空いてるかな?」
カタカタカタ
「申し訳ありません、3日は始発以外は満席となっております」
「えぇぇぇ。じゃあ、10時◯◯分は?」
「申し訳ありません、3日は始発以外は満席となっております」
「ほな、夕方はどうや?」
「いえ・・・ですから・・・始発以外は満席でして・・・」
「えぇぇぇ、夕方もだめ?」
おっさん、おねぃさんの言うてること聞いてへんのかいw
こっちが、「えぇぇぇ」やわw

そんなこんなで、次の次がおれの番てとこで、カバンの中に入ってるはずの「新春のぞみグリーン切符」を取り出そうとして・・・。
げ、そういえば、なくしたらあかんと思って相方に渡したんやった orz

しかたないんで、列を離れて自動販売機で定期の更新だけして帰りましたとさ。

そんなマヌケなおいらなのに、清水サポーターの方からは「振込みました!」のご連絡。
チケット届いてからでいいですよ、と言ってあったのにー。
ありがたや。

負けて悔しかったのは、そりゃ悔しかったけど、清水サポーターの方と、ささやかな交流ができたことで、多少気分もやわらぎ、よし、元日は清水応援するぞー、という気持ちになれた。

帰宅して、「来季リーグに集中されても困るな」と鹿島を応援するつもりだったのに、いつのまにか東京を応援してたw
やっぱねー、なんか鹿島って応援できないよねー。

結果的に鹿島さんもACL出場権確保。
ま、常連同士、今年も、まずはラウンド16目指して頑張りましょう。

ということで、2011年です。
ガンバ大阪、クラブ創設20周年です。
やるしかないっしょー。
ACL獲るしかないっしょー。
リーグも獲るしかないっしょー。
個人的には、今年も万博皆勤を目標に、そして、ひとつでも多くアウェイにも参戦して、愛するガンバ大阪を後押しできるようにがんばります。
ガンバ大阪を愛する全てのサポーターの方々。
今年もよろしくお願いいたします。



Jリーグリボンマグネット ウエスト(清水・磐田・名古屋・岐阜・大阪・京都・岡山・広島・愛媛・徳島・福岡・北九州・鳥栖・熊本)
Feelings 楽天市場店
●Lサイズ:10cm×20cmJリーグリボンマグネット・ウエスト(清水?熊本) 15チームイースト(

楽天市場 by Jリーグリボンマグネット ウエスト(清水・磐田・名古屋・岐阜・大阪・京都・岡山・広島・愛媛・徳島・福岡・北九州・鳥栖・熊本) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


天皇杯準々決勝浦和戦@万博

2010/12/27 13:57
赤い方々が「完敗」とか「今のガンバとはレベルが違いすぎる」とか書いておられるのを見て「えー、そーかー?」などと思っております。
少なくとも、リーグ戦で対戦した時よりは、いいサッカーしてたし、目指しているところもはっきりしてたような気がするけどなー。
確かに、後ろでパス回してるだけな時間帯もあったし、縦に入らず苦し紛れの横パスをうちのMF陣にカットされたりな場面が何度もあったけど、それはうちでもある話。まーそれは、いわゆる「悪いガンバ」の時やねんけど。
攻めこんでくるときは迫力あったし、「あっかーん(宮川大輔風)」と思わせるクロスや、それに対する反応も十分に怖さを感じさせるものだったと思う。
決定的に大きな差があったのは、エジミウソンとルーカスのポストプレイヤーとしての能力の差と、控え選手の層の厚さ、かな。
決勝点にしても、ルーカスの鬼キープがなければ生まれてないし、それでも、それを決めきったこの日はベンチスタートだった宇佐美の決定力。
ルーカスほどのポストプレイヤーがおれへんようになってほんまに大丈夫なんやろか (´・ω・`)

・寒いw
・上下ヒートテックで固めて10時くらいにでっぱつ。
・JR茨木駅で、バス乗り場の案内図を睨んでいた赤い夫婦に「バスですか?こっちですよ。」と声をかけたら必要以上に驚いて感謝された。
・いくらなんでも、スタジアムの外では他サポの方々には親切にするよ。赤だろうがピンクだろうがw
・10時半には万博到着。
・ちょうど列整理。
・美味Gありがたや。
・今井のうどんのワンチョイス。寒いもんw
・とか言いながらビールは飲んでしまう。
・混み混みの待機列は多少はあったかい。
・断幕張るのに手を晒しただけで凍りそう。
・人間て不思議だーねー。真冬にプラス3度とかの日があると「お、今日はあったかいな。コートいらんわ。」と思ってたあのトロントでの生活はいったいどこにいった。

試合内容は割愛かな。
赤い方々がおっしゃるほど「完勝」やとは思わへんけど、きっちり勝って準決勝進出ざます。
あ、そういえば、アウェーゴール裏いたらしい赤い方が帰りのバスの中で話しておられたのを聞いたんですが、ヤットのFKは「はずれたw」と思った瞬間に「ぎゅいーーーーん」て曲がってゴールに吸い込まれた感じだったらしい。
ぞっとした、って言ってはりましたわ。

・試合終了後は、「こぉぉのせかいぃぃ」の途中くらいで撤収。
・用意してきた「決勝チケット売ってください」ボードを持って、アウェー側に・・・
・歩いていく途中、オリーブの前くらいで「買ってもらえます?」
・はやっw
・チケットを売っていただき、「がんばってください」の言葉もくださった浦和サポーターの方、ありがとうございました。
・まー、すれ違った何人かはガン飛ばしてきたけどなw
・そんなこんなしてるうちに、バス待ち列がえぐいことに。
・Eゲート前でうだうだしてたけど寒いw
・だんごさんからタクで帰ろうという提案。もひとり募集。民国げつ。
・タク乗り場に行ってみると、こちらもえぐいことにw
・結局、相方と2人で路線バスのバス停に行ってみると、次のバスまで5分ほど。ラッキー。
・摂津富田のみどりの窓口で、早速、新春のぞみグリーン切符を買う。
・飯食って帰ろうと思ってたけど、相方が風邪ひくぅ、とか言うもんで、帰りにダイエーで鍋の材料買って、家で鍋食った。

さーて、準決勝ですよー。
ボランチが本職の4人で固めた中盤がいい感じに攻撃にもからめていけるようになってきたところで、ヤットの有休は痛いなー。
橋本も怪我なん?加地さんも無理やろ?
しかも、中澤が、え?精巣損傷て?いわゆる・・・?損傷ってことは・・・?その箇所を蹴られた・・・?え?摘出?まじ?
い、痛い、これは痛い・・・痛すぎる、いや、もういろんな意味で。想像しただけで悶絶してしまうくらい。
聡太がんがれ、ちょーがんがれ!
それにしてもメンバーどうするよ・・・。

そんな状態やし、清水に勝つまでは、決勝の話もなんなんですが、また、女子の決勝浦和かよー。
しかも、また浦和がうちと同じくアウェー扱いみたいやしー。
撤収は早めにお願いしますね。座席のゴミはちゃんと拾ってからね (´・ω・`)

話は変わりますが、これ、G大阪 安田理 フィテッセ完全移籍へ!
あらー、オファーあったのね。ミチがんばれ!
そうか、来年はミチおらへんのか。
左SBはあんまり心配してないけど、いざというときの加地さんのバックアップがおらへんがな。
ほんまにここは何年も前から最重要補強ポイントやと思うんやけどなあ。
バックアップ要員前提で来てくれる右SBもなかなかおらへんのはわかるけど。
菅沼を本気で右SBとして育てるしかないのか。
どこかに「加地さん追い抜いてレギュラー取ってやるぜ」くらいの勢いのある右SBいませんかー。
そんな方はぜひガンバ大阪までご連絡を。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


ACLの重み

2010/12/15 12:53
今季もホーム万博での試合にはすべて参戦できた。ありがとうございます。
でも、アウェイはあんまり行かれへんかったなー。
一応、記録に残しておく意味で書いとくかな。
03/14 弱いほう 長居 △
(03/21 徳島 X 千葉 ポカスタ ちなみに千葉●)
07/28 神戸 ホムスタ ◯
08/14 仙台 ユアスタ ◯
08/22 名古屋 瑞穂 ●
10/24 京都 西京極 ◯
3勝1敗1分
戦績的にはまーまーかな。でも、1敗と1分の相手が悪いw
遠いとこは仙台だけやなー。
来年はもちっとアウェイ行きたいなー。
ちなみに、チェジュ行くか、メルボルン行くか迷ってる。両方は無理w

とそんなこんなで、ガンバ大阪の2010年J1リーグは、2位で終わってしまった。
AFC-CL出場権は獲得したわけである。
日本の出場枠が4つになり、リーグ3位以内、および天皇杯勝者に出場権が与えられるようになって、今回が3年目。
ちょっと前までは、優勝せぇへんかったら、3位も4位も一緒やで、賞金微妙にちゃうけどな的な雰囲気だったのが、3位と4位との間には明確な「線」が引かれた。
もちろんこの「線」がなかったとしても、王者鹿島アントラーズであれば4位で終わったことは不本意だろう。
もちろんこの「線」がなかったとしても、J1に来てまで「1stクール、2ndクール」なんちゅう言い方をするようなサポーターがいる、J2臭さが北のほうまで漂ってきそうなどこぞやのチームなら、3位という結果でも無邪気に大喜びしただろう。
ただ、この「線」があるからこそ各クラブは、名古屋独走状態になったシーズン後半も3位以内を目指してモチベーション高く戦ってこれたのである。
ACL出場だけが目標などこぞやのチームは置いておいて、アジア制覇を目論む名古屋、そして4つ目枠の可能性が高そうな鹿島。
お互い、まずはラウンド16進出を目指して頑張りましょう。
ところで、「決勝トーナメントを勝ち進むと日程厳しくなるよなー」と漠然とはわかっておられるとは思いますが、2008年のガンバ大阪の試合数は以下の通りなのをご存知ですかー。

パンパシフィック選手権 2試合
J1リーグ 34試合
ACL予選 6試合
ナビスコ杯 4試合
スルガ銀行杯 1試合
ACL決勝トーナメント 6試合
天皇杯5試合
クラブワールドカップ 3試合

合計 61試合

12月の日程は下記の通りである。
12/06(土)J1 第34節 東北ス この試合がすでに55試合目
12/14(日)クラブW杯 準々決勝 豊田ス
12/18(木)クラブW杯 準決勝 横浜国
12/21(日)クラブW杯 3位決定戦 横浜国
12/25(木)天皇杯 準々決勝 神戸ユ
12/29(月)天皇杯 準決勝 国立
01/01(木)天皇杯 決勝 国立

11月も、ACL、天皇杯を含めて7試合を戦っている。

前年、ナビスコ杯で優勝していたため、パンパシ、スル銀までもがスケジュールに組み込まれた。
この年のナビスコ杯は準決勝で敗れてしまったが、もし勝ってしまってたら、決勝進出、つまりこれにもう1試合追加され、当時J1クラブが経験できるほぼ最大試合数を行うことになってしまっていた。ゼロックスがあるから「ほぼ」ね。
2月21日のパンパシで始まり、翌年の1月1日までにおよぶ長大なシーズンだったのである。
しかも、ほとんどの水曜日と週末に試合がある状態で、である。
遠藤保仁は、これに代表戦が加わる。

もうね、しゃれにもなんにもならへん。
ヤットが生きて動いてるのが不思議やったくらい。
おかげでリーグは8位だったがな (´・ω・`)

ちなみに、2007年の浦和の試合数は、ゼロックスで始まり、A3、クラブワールドカップを含めて56試合。
2008年のガンバよりは多少少ないとはいえ、この年のリーグを2位で終えたのは本当にすごい。あの頃の浦和はほんまに強かった。
その代わり、天皇杯は4回戦で愛媛に負けてるがな (´・ω・`)

仮に、2011年、ACL決勝、ナビスコ杯決勝、天皇杯決勝まで勝ち進むと仮定してみよう。
リーグ戦 34試合。
ACL予選 6試合
ACL決勝トーナメント 6試合
ナビスコ杯 5試合
天皇杯 6試合
これにクラブワールドカップが最大3試合か。

合計 60試合

ゼロックスは
名古屋さん確定。
名古屋さんかガンバが天皇杯獲るとガンバ確定。
鹿島さんが天皇杯獲ると鹿島さん確定。

となる。
繰り返すようやけど、遠藤保仁はアジア杯なんぞもある。
シーズン中盤で中位以上につけているクラブは、どこもかしこもACL、ACLと軽々しく口にするが、本当にこれだけの覚悟ができた上で言っているのか、と言いたくなる。サポーターもクラブもね。
ACL決勝まで勝ち進むとなると、名古屋、鹿島、ガンバでさえリーグ3位以内を確保するのは至難の業だと言っていいんちゃうかな。
ということは、翌年のACL出場権を確保するためには、天皇杯を捨てるわけにはいかなくなる。
捨ててもしゃーないかー、と(サポ的に)納得できるのはナビスコ杯くらい。西野監督は決して捨てませんがねーw

試合数の話をすると、南のほうから「おれたちは、J2でシーズン51試合というのを経験したんだい ( ̄^ ̄) 」なんちゅう情けない自慢が聞こえてきそうではありますが、

「で?」

と返したい。

「(笑)」

でもいいや。

浦和、ガンバが成し遂げたACL制覇。
この2007年、2008年で、ACLが身近になっただろうし、さらにACLの重みがぐっと増したのは事実だと思う。
クラブワールドカップに続く華やかな道であることも間違いない。
憧れる気持ちもわからなくはない。
ただ、同時に、それがどれだけ困難なイバラの道なのかを十分理解した上で「わーい、ACLだー」とぬかして欲しいわけよね。

圧倒的に強かったあの頃の浦和でさえ成し遂げられなかったACLとリーグのW制覇。
どれだけ困難かを承知の上で、なんとかガンバが成し遂げてみたいもんだーねー。
記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


【2010年プチオフ企画】ガンバの天皇杯

2010/12/08 11:28
AOQLOさんの、企画に乗っからせていただきます。
詳しくは、こちら

ガンバの天皇杯といえば、おととしまでは、初戦は4回戦、ガラガラの万博で相手はJ2。
そんなまったりな楽勝ムードをぶち壊すような苦戦から始まる、というのが恒例。
いや、恒例というよりも、もはや名物。
それを楽しみにしていたと言ってもいい。
監督がドSなら、サポーターはドMだ。
それが、去年からは、J1クラブも2回戦から参戦せざるをえなくなり、そのおかげで、大学生との試合もちらほら。
去年は2回、今年は1回、大学生と対戦してる。
そして、流経大には2点、福岡大には1点、そして今年の大体大には2点、と大学生相手にJ1クラブから得点を取る喜びを味合わせてあげたりして、大学生の育成にも貢献は絶大。
なんてすてきなクラブなんだ (´・ω・`)

そんなこんなで、天皇杯で印象に残っている試合のベスト3は・・・

リーグ最終節、目の前で優勝を決められた浦和レッズへのリベンジとして臨んだ2007年元旦。
また目の前で優勝決められちゃったよー (ノ゜凵K)ノ
ほんまに悔しかった。

ACL制覇を成し遂げ、その余りに過酷な日程に耐え切れずリーグ戦は8位で終わってしまい、このままじゃディフェンディングチャンピオンが翌年のACLに出られへんやないか、という崖っぷちな状況で最後のACL出場権をかけた戦いになった2009年元旦柏戦。
今はピンクな盆と正月男が決めて優勝あ〜んどACL出場権獲得。
ほんまに嬉しかった。泣いたね、全米が泣いたね。

この2つは、すぐに思い浮かんだ。
あとひとつ。今年の元旦の名古屋戦じゃ芸がないので・・・

決勝とは関係ないけど、2007年の4回戦が印象に残ってるなー。
延長+PKまでいってなんとかぎりぎり5回戦進出を決めた当時J2の山形との試合。
佐々木勇人ってちっちゃい選手がいてだなー「なんやこいつは!えげつないスピードやな。J2にこんな選手がおるんか!」と衝撃を受けてたら、翌シーズンはうちにいたという (´・ω・`)
しかも、「勇人はJ2でくすぶってる選手じゃない。J1でも通用するはず。がんばって!」と涙ながらに送り出したのに、翌年には、自分たちがJ1昇格してしまったという山形サポさんからすれば笑えない話。
佐々木勇人はほんまにええ選手。彼がおらへんかったら、て思うとぞっとする試合も数々。
そんな佐々木を西野監督の目に触れさせてくれた大事な試合、ってことで、この試合もベスト3入り・・・していいですか?w

ということで、今シーズンも、天皇杯の3試合を残すのみ。
この3試合が全てベスト3に入るような素晴らしい試合でありますように。
そして、前人未到の三連覇を達成してルーカスを送り出してあげましょう。
さんざん苦しめられた鹿島さんをうちらがACL出場させてあげる、という微妙な優越感もついでにw
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Jリーグ第34節清水戦@アウスタ

2010/12/06 11:45
もちろん負けてええ試合なんかあるわけないねんけど、今年のアウスタも負けたら4位転落の可能性があるまさに「絶対に負けられない戦い」
そんな試合で、今季で一番の気持ちの入った試合を見せてくれました。
ホームでのダービーや浦和戦。
「いやー気持ちええ試合やったw」というのは他にもあるけど、ここまで選手たちの気持ちがビシビシ伝わってきた試合は、やっぱりこの試合が一番ちゃうかなー。
まー、全部の試合このくらいの気迫を込めた試合見せてくれよー、という感じはなくはないけど、そこはそれ、ガンバさんですからね。
シーズン中には、ふにゃふにゃな試合で格下に勝ち点をプレゼントするようなこともあって、そんなとこも含めて、ガンバさんが好きなんやからしゃーないよねー。

試合の内容自体を書くつもりはないけど、本当に気持ちで勝てた試合やったと思いますわ。
0-3という結果が示すほど、清水が特別悪かったわけじゃない。
ヨンセンのタメ、その回りをちょこまか動き回る岡崎、そして何度か「あかーん」と思わされた市川のクロス。
勝敗を分けたのは強い気持ち。
それがあったからこそルーカスの、そして、武井の目の前にボールがころがってくれたんちゃうかな、と。
結果は0-3という大差がついたけど、サッカーの内容自体は清水も「らしい」サッカーをやってたと思う。
お互い準々決勝を勝ち抜けば、もう一度天皇杯で当たることになる。清水のお隣りエコパで。
もう一度素晴らしい試合を見せてもらうためにも、25日は勝たないとね。

とゆーことで、リーグ戦終わっちゃったねー。
総括は改めて書くと思うけど、やっぱり寂しいよねー。
シーズン開始当初のグダグダからよくもまー2位まで上がってきたもんだ。リーグ最多得点やし。
鹿島さんより上の順位でシーズン終えたのは2006年以来。
まさか、鹿島さんが4位とはねー。
まさか、弱いほうが3位とはねー。
あー、そーそー、弱いほうのみなさまにおかれましては、ACL「出場」という大目標達成おめでとうございます。
強いほうは、ACL「制覇」という目標に向かって、来シーズンも精進してまいる所存でございます。
目標が違いますので、そちらからのお祝いのお言葉を頂戴するわけにはまいりませんので悪しからず (´・ω・`)
記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


Jリーグ第33節横浜FM戦@万博

2010/11/29 13:16
試合内容は書かないですよー。
日記程度に覚書だけ。

・10時到着を目指して9:30くらいに自宅出発。
・到着したら、相方はそのまま携帯サイトの抽選列へ。
・おれは待機列に荷物置いて、天皇杯のチケット列に行ってみる。うわw
・仲間のひとりに、後で来る、と伝えて、携帯サイト列へ。
・ビールごくごく。でんのミンチカツむしゃむしゃ。
・携帯サイトの抽選は、相方はずれ、おれは3色ボールペンとステッカー。こんなもんか。
・天皇杯チケット争奪戦に参戦。
・仲間の分と合わせて4枚買えた ヽ(‘ ∇‘ )ノ
・先行で入って、断幕張って外出。
・この日の昼飯は、なかみ屋の豚汁うどん。
・うどん食ったら、相方がスカパーブース行くっていうんで着いて行った。
・うが、またピッチサイド当たった ( ̄▽ ̄;)!!

てことで、試合はピッチサイドで見ました。
はいはい、ピッチサイド2連敗ですとも。しかも、おそらく今季ワースト1、2な試合を2試合とも。

・この日は打ち上げ忘年会。そして幹事。
・試合後は相方と2人ですぐに会場に移動。
・仲間内のサイトで18:30からと案内してしまったらしい。
・実際は18時から予約がw
・18時までに精算のための準備やら店との打ち合わせやら。
・18時過ぎにはみんな集まってくれた。
・ほんまにすまん orz
・幹事の不手際はあったけど、とりあえずは無事に終了。よかった。
・2次会に繰り出すメンバーが多かったけど、翌日に友人の結婚式を控えた相方の体調もあって、うちらはパス。
・すまんね。
・午前中から飲んでたおれも家に帰ったら一気に酔いが回って、風呂入って22時には寝た。

リーグ戦でのACL枠残り2つは、鹿島、ガンバ、弱いほうで争うことになった。
最終戦、まさに絶対に負けられない戦い。
弱いほうのことなんか考えてる場合じゃない!
うちは、とにかく勝つのみ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

いったれいったれ〜♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる